病のこと

 

「病気」は、ある日突然発症してしまうものもあれば、

その多くはカラダにかけ続けた「ストレス」の積み重ねが

影響しあらわれます。

 

「ストレス」は精神的なものだけではなく、

睡眠不足や運動不足、飲酒や偏食、姿勢のゆがみ、

細かく見ると、エアコンの温度設定や咀嚼(そしゃく)回数、

歩くときに足の裏が最初に地面につく場所まで・・・

 

普段あたりまえに何気なく行っている行動が

カラダにとって本来あるべきカタチとは異なっているために

「ストレス」となり、

悪い負荷がたまり続けることで病に繋がってしまいます。

 

薬や病院による治療と併行して、

「自分のカラダの中にあるストレスを軽減し

生命力が内側から湧いてくる」

そんなカラダづくり、生活習慣づくりをすることが、

病をのりこえていくうえで、自身のチカラになってきます。

 

ここでは病気のメカニズムや直接的なケアだけではなく、

人が本来もっている自然治癒力や生命力を高め

心が元気になっていくような、

そんな視点で病について向き合ってみましょう。

Sponsor link
Sponsor link